GoPro HERO3+の3D撮影用の簡単なステーを作ってみた。



レンコンです♪




明日、急遽友人と上野へ花見に行く事になった。
そこで、3Dで動画を撮ってみたくてうちで遊んでいたGoPro(HERO3+ Black EditionとHERO3+ Silver Edition)を使って、簡単に3D撮影できるホルダーを作れないかと思い、やってみることにした。

なるべく安く済ませるため、家にあるものをイロイロと物色して制作開始。



材料



うちにあった物

  • プラ板1mm
  • 薄いゴムシート
  • 2mmの厚さのウレタンクッション粘着付き
  • プラスチックのT字のもの(なんの為の物だったのか思い出せない)
  • GoProの留め具2個とそれにはまるナット2個
  • 瞬間接着剤


ホームセンターで買ってきたもの

  • シルバー蝶板25mm
  • アルミ不等辺アングル15✕25✕1.5✕995mm
  • アルミのステー100✕20✕3mm




製作開始

まずアルミのステーに瞬間接着剤を使って蝶板を貼り付ける。



反対に、ステーと同じ大きさに切ったゴムシートを貼り付ける。



アルミ不等辺アングルを15cmほどの長さに切り、ドリルとヤスリを使って2箇所に切れ込みを入れる。※撮影ボタンを塞がないようにするため。
両サイドに6mmの穴を開け、最後にウレタンクッションを5箇所に貼る。



アルミ不等辺アングルに開けた穴と同じ間隔で、T字のプラスチックにも穴を空けておく。



蝶板を底に貼ると段差ができるので、プラ板を2箇所蝶板の形にカットして、ナットがちょうどはまるように六角形の穴を開けておく。
※六角形の穴にナットがハマり、工具無しで締め付けられるハズ



瞬間接着剤で、先程の「プラ板」を「アルミ不等辺アングル」に貼り付ける。
プラ板のカットしたくぼみに「蝶板を付けたアルミのステー」を同じく貼り付ける。



これで基本的な加工は終わり。

留め具とナットを使って組み立てる。



完成♪



こんな感じに可動する。



GoProを乗せてみる。




いい感じ♪



最後に、GoProをどうやって固定するのかイロイロ考えたのだけれども、うまい方法が思いつかなかったので、今回は簡易的に大きめの輪ゴムで固定することにした。
見た目がチープだな(笑



どう見てもカッコが良くないなぁ~(´・ω・`)


せっかくいい感じのものができたのだけど、この輪ゴムのせいですべてが台無し……
時間がないから仕方ない。
とりあえずこれで撮影はできそうだ。


ちょっと気になるのは、Black EditionとSilver Editionでは少し画角が違う。
そこは編集でなんとかするしかないね。

それから、きちんと2台のGoProを同期して撮影しないといけないのだけれども、撮影開始してから「指パッチン」を入れとけば後でなんとかなるでしょ!


どんな映像が撮れるのか楽しみだな〜




レンコンでした。


今日のねこさん


 クリックお願いします♪

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿


スポンサーリンク