Panasonic のマイクロフォーサーズ用3Dレンズ「GH-FT012」買ってみたのでレビュー。


レンコンです。







※2016.05.18YouTubeの動画を一部変更しました。



PanasonicからGH4で使える3Dレンズが発売されている事を知ったので、早速買ってみた。





注文して後から知ったのだけれども、このレンズでは動画は撮影出来ないらしい…

どうしよう〜





googleさんに相談すると、カメラとレンズの接点金具にテープを貼れば動画も撮影可能らしい。

更に、レンズの裏側の2つの小さなレンズの間に細いテープを貼ると

左右の映像がくっきりと別れて映るそうな。

よかった~

ワクワクしながら到着を待つ。





レンズが届いたので早速テープをハリハリ。


ん〜見えるぞ!!

でもなんか変…

って交差法やないかい!

※交差法とは目を寄り目にしてみると「立体視」が出来る方法

まーいいや、後で編集すればなんとかなるでしょう。

で早速テスト撮影へ。





「水戸市大串貝塚ふれあい公園」の巨人(ダイダラボウ)の後ろに咲いているユキヤナギです。





このレンズで撮影した映像を、編集ソフト(Final cut Pro)で左右別々の映像に分けて、左右を入れ替えて調整して出来上がり。



しかし、このレンズはすごく癖があるので、編集が大変。

なんとなくこんな感じ?って編集したけど、かなり見づらい。

しかも物が薄っぺらく見える…

どうすれば良いのか今のところ分からない。

イロイロと試行錯誤をしながら、工夫をしていくしかないかもね。


※後で判明したことは、解像度が4Kだと画角が狭くなるためこんな状況になったようで、FHDで撮影すれば普通に見れる3D撮影ができるようです。






レンコンでした。



今日のねこさん。


 クリックお願いします♪

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿


スポンサーリンク