今後どうなる?お台場「ガンダム像」撤去!



レンコンです。





昨日(2017年3月5日)でお台場の「実物大ガンダム立像」の展示が終了したそうですね。

ここは撮影でお世話になった場所でもあるので思い出深い場所です。



クロージングセレモニーが開催されて、これまでの軌跡をふりかえる特別VTRが上映されたりしたそうです。

僕は私用で行けなかったのが残念です(涙


「実物大ガンダム立像」5年の歴史に幕。そして新たなプロジェクトへ!

さらに新プロジェクトとして「2017秋を目標に実物大ユニコーンガンダムの立像をこの場所に設置します」と発表され会場は大盛り上がりだったそうです。




ユニコーンガンダムは最初のガンダムから5年後のお話。

ガンダムシリーズは、初代ガンダムを僕はリアルタイムで見て盛り上がって、その後社会人になってからは仕事上忙しくてほとんど見る機会がなく、気がついたらものすごい数のガンダムシリーズが出ていました。

暇があればちょこちょこ観ているのですが、ユニコーンガンダムはまだ観ていません。

今度、暇を見つけてみてみようと思います。






このお台場の「実物大ガンダム立像」制作は「乃村工藝社」というところで、製造はタイで作られたそうです。


日本国内ではこの大きさの物を作れるところがなかなかなかったそうで、このタイの工場の日本の責任者の方もガンダムファンだったから頼んだそうです。


【現代のからくり時計?】実物大ユニコーンガンダム立像はいかにしてつくられたのか?乃村工藝社にインタビュー!!

今度のユニコーンガンダムもタイで作られたのかな?



更に、2014年に発表された「ガンダムグローバルチャレンジ」。

サンライズによって設立された「実物大ガンダムを動かす計画」


ガンダムGLOBAL CHALLENGE

その後プロジェクトが進んできて、日本政府もガンダムプロジェクトを後押しする動きが出ているそうです。

2015年1月に設置された「近未来技術実証特区検討会」(内閣府)で、通称「ガンダム特区」の実現に向けた議論が始まったとか。


18メートルの「ガンダム」を2019年に動かす

ものすごい盛り上がりが出てきましたね。

アメリカなどは軍事産業からいろいろな新たな技術が生み出されていますが、日本はアニメから新たな技術が出てきているような気がします。

そのうちに宇宙戦艦ヤマトなども実現しようという動きが出てくるかもしれませんね(笑





これからもガンダムファンにとっては楽しみなことがたくさん出てきそうです♪





お台場で撮影したガンダム








レンコンでした。



今日のネコさん。


 クリックお願いします♪

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿


スポンサーリンク