足の薬指をポッキンと折ってしまいました(泣


レンコンです。







先々週の火曜日の出来事です。

夜、寝室へ行くときに椅子に思い切り足の指をぶつけてしまいました。



ぶつけた瞬間はそれほど痛くなかったので、そのままベットに潜り込みました。







ところが時間がたつにつれて痛みがひどくなってきます。

これはただ事ではないと思い、電気をつけて足をみてみると薬指の根元のあたりがぷっくりと腫れあがっていて紫色になっています。




なるほど、これは痛いはずです。

指を動かしてみると普通に動いているので、おそらく骨は折れていないのでしょう。

ひとまず自宅にあった湿布を張って寝ることにしました。





次の日、起きてからそれほど痛みもなかったので、湿布で固定して、大きめのクロックスを履いて、いつものように車を運転して買い物に出かけました。

一日歩き回っても特にひどくなる様子もなかったので、大したことはないだろうと安心していました。



この日から毎日こまめに湿布を張り替えていたところ、週末にはほとんど痛みもおさまり腫れも引いていました。

さらに週末には、先日のBlogに書いた保有株の大暴落などで大騒ぎだったので、足をぶつけたことなどもすっかり忘れていました(笑


株で初めての追証(追加保証金)!!


ところが土曜日の夕方、買い物に出かけようとして準備をしているとき、またもや同じ椅子に同じ指(薬指)をぶつけてしまいました。

その時、森崎が近くにいたのですが「ポッキン!」といい音がしたそうです。



もう、その時の痛みといったらたまりません……

「う~っ、う~っ、う~ん」とうなりながらうずくまって痛みをこらえていました。

本当にマジで痛かった……

5分くらいすると感覚がマヒしてきたのか、少し痛みがマシになりました。

とりあえず買い物には行かないといけないので、この時は森崎に車を運転をしてもらいました。



車を降りて買い物をしていると、収まっていた痛みがまたぶり返してきます。

前回ぶつけた時とどうも様子が違う。。。

さすがにこれはまずいかもと思い、帰りに救急病院へ寄ってもらいました。





病院へ着いて早速レントゲンを撮ってもらい、

その後呼ばれて診察室に入ると、先生以外にもう一人男の人がいます。

……これは何かやばい事態になっている?……





椅子に座ったら先生が一言

「きれいに折れていますね~」

やっぱり(;''∀'')





レントゲン写真を見ると、僕でもはっきりとわかるくらいに薬指の第二関節の骨に、斜めに切れ目が入って少しずれています。




「今日はシーネでとりあえず固定しますので、また月曜日に来てください。」とのこと。

棒状の支えを薬指に巻いて包帯で留めてくれました。









確か3年前も親指の骨にひびが入ったのは右足でした。

本当についていないときはついていません。

株といい骨折といい踏んだり蹴ったりです……







月曜日、再度病院で診てもらいました。

「完治するまでに3ヶ月はかかりますね。骨がある程度繫がるまで、2週間は動かさないでくださいね。2週間後レントゲンを撮ってみて、もしずれていたら手術ですヨ♪」

Σ(゚Д゚;エーッ!



歩くときはつま先をつけないほうがいいそうなので、つま先からひざ下までの長さの「シーネ(ギブス)」を当ててもらいました。



しっかりと足を固定してくれているので安心です。

何せ次またぶつけたら間違いなく手術ですから……

でも、出歩くときはいいのですが家にいるときはちょっと邪魔です。

それにネコが怖がって逃げてしまいます(笑

たぶん歩くときに「ゴツ、ゴツ」って音がするのがきらいなのでしょう。





家にいる時一番怖いのは、また足を何かにぶつけてしまうこと。

それさえ防止できればいいので、こんなモノを作ってみました。



段ボールガードです♪





すっぽ抜けないように2か所テープで留めるだけです。



これだと軽量で邪魔にならないし、ネコも怖がりません。

さすがに外に行くときは恥ずかしいですね(笑

それから、寝るときは寝ぼけて足をぶつけたりするといけないので、頑丈なギブスをはめて寝ています。

何せ寝相が悪いので……(^^ゞ



次回の診察は連休明けなのですが、順調にくっついていればいいな。







レンコンでした。

今日のネコさん♪

ぐみ(右)の小さい頃

 クリックお願いします♪

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿


スポンサーリンク