拾った子猫が大変なことに…


レンコンです。







昨日の明け方、動画の編集などで遅くまで起きていて、休憩ついでに子ネコと遊ぼうと思い、

抱っこして膝のうえで遊ばせていました。



抱え上げたら何かおしりのあたりに白いものが…

糸くずかとも思ったんだけれども、糸くずなんか出るはずもないのでティッシュで取ってみると、動いている…

げ〜!!

ネットで調べてみたら「サナダムシ」だそうです。





やっぱりいたか〜



想像はしていたものの実際に見るのは初めてだったので、ちょっとショック!

なんだか気持ち悪くなってしまった。





次の日いつもの病院へ電話。

状況を話すと「連れて来てください。」とのこと。

午後の診察は4時からなので、おでかけグッズを用意して3時半には家を出発しました。





道中、外は暑かったけど車の中はエアコンが効いているので、子ネコも気分がいいようで、さかんに僕の手に絡みついてきます。



本当に元気が良すぎです。



今回は空き箱にペットシーツを敷いてその中に入れて連れて行っています。

やっぱりネコはダンボール箱が好きなようで、今日は箱から出ようとはしません。




動物病院に到着。

早速診察してもらいます。



まずは体重測定。

720g

順調に増えていっていますね。



白いものはやはり「サナダムシ」でした。

虫下しの飲み薬を処方してもらい、ついでに再度耳ダニの薬もさしてもらいました。

動物病院の待合室で



今回は注射もなかったし、お腹のマッサージもなかったので病院ではおとなしくしていました。



次回は体重の増え具合から7月のはじめに猫エイズと猫白血病の検査をしましょうということになりました。





帰路はさすがに疲れたのかおとなしくなって箱のなかでゴロゴロしています。




気が付くと眠ってしまいました。





食欲が旺盛意なのでご飯は食べ過ぎるぐらいに食べています。

その分、日増しに大きくなっていっているので、安心です。

でも小さくて可愛い時期が短くなってしまうようでちょっと残念。

せめてサークルから出す日までは小さいままでいてくれたらいいですね。













レンコンでした。



今日のねこさん。

何を見ているの?

 クリックお願いします♪

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿


スポンサーリンク