一眼レフカメラ用3Dレンズ「ロレオ3Dレンズキャップ」に広角レンズ付けてみた。


レンコンです♪



先日買ったロレオ3Dレンズキャップ


一眼レフカメラ用3Dレンズ「ロレオ 3Dレンズキャップ」買ってみたのでレビュー。


試行錯誤しながら撮影してみたが、どうしても画角が狭くて

被写体からかなり離れないとファインダーに収まらない。

そこで、これを使っている他の人たちはどうやっているのか検索してみた。





海外のサイトでこんな記事を見つけた。


LOREO "3D Lens in a Cap" compared to Lumix H-FT012 and Fujifilm Real 3D W3


GH2にロレオを付けてその先にワイドコンバージョンレンズをつけている。

なるほどこの手があったか。

よくみるとロレオの先にはネジが切ってある。


しかし高いレンズを2つも買うのは勇気がいるので、手頃な値段の良いレンズはないかと探してみたところ、目に止まったのがこれ。





この K&F Conceptというメーカーは様々なカメラ用品を出している会社で、ここの製品を使用している人も多いようだ。



Amazonでは「アダプターリング+超極細繊維布付き」と「超極細繊維布付き(アダプターリング無し)」と「どちらも無し」の3種類から選べるようになっていて、

ロレオにつける場合はアダプターリングは必要ないので「超極細繊維布付き(アダプターリング無し)」にした。





ってことで到着。




左右につけることが出来るよう、同じものを2個購入[/caption]


これは3D画像じゃないよ(笑[/caption]


一番左がワイドレンズ使用時の状態、マクロレンズを使うときは真ん中と右のように分離させて使う。





ロレオにつけてみた。


見た目は、なんかこっちのほうがしっくりくる。


最終形態!


後ろから



かっこいいじゃないですか!!



撮影が楽しみ♪





ちなみに僕はこのカメラ単体ケースを持っているのだけれども、





ロレオ+ワイドコンバージョンレンズがすっぽり収まりました(笑



レンコンでした。





今日のねこさん。


 クリックお願いします♪








スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿


スポンサーリンク