3D撮影機材「GoPro2台」「 ロレオ3Dレンズキャップ」「パナソニック LUMIX G 12.5mm/F12 H-FT012」を撮り比べてみた。


レンコンです。





※2016年5月14日動画を再アップしましたので記事も修正しました。



以前からblogで紹介してきた3D撮影のための機材ですが、種類も増えてきたので天気の良い日に、比較の撮影をしてきました。





場所は土浦市の「霞ヶ浦総合公園」と「牛久大仏」の2箇所



  • GoPro2台

  • ロレオ3Dレンズキャップ

  • パナソニック LUMIX G 12.5mm/F12 H-FT012



の3種類で同じようなアングルで撮り比べてみました。



以前の記事にも書いたのですが、パナのH-FT012だけは交差法になります。


Panasonic のマイクロフォーサーズ用3Dレンズ「GH-FT012」買ってみたのでレビュー。


動画の編集時にどうしようかと思ったのですが、まとまっている方がいいだろうと思い、平行法へ編集し直してアップしました。





こうやって比較すると、GoProとロレオの画角の差の違いがよくわかりますね。



GoProは目で見た感じとほぼ変わらずに撮れているのに対して、ロレオは望遠レンズで見ている感じでかなり被写体から離れないとファインダーに収まりません。

水車のところでは、ロレオでは思い切り後ろの手すりに張り付くぐらい下がって撮影しています。




でも、ロレオを室内で試し撮りした時の薄ぼやけた感じは、明るい室外ではあまり気になりませんでした。





撮り比べた感じ、3D撮影ではGoProを2台使ったほうが一番自然に見える結果となりました。

やはりGoProは優秀ですね。





後日の話……



その後ふと気がついたことがあるのですが、パナのH-FT012は4Kで撮影していて視差がおかしいため使える範囲が極端に狭くて困っていたのですが、他の人がUPしている動画を見るとそこまでひどくない様子。

なぜなのか……





よくよく考えると上がっている動画は、どれもGH2で撮影していることに気が付きました。

要するに「フルHD」で撮影していたんです。(GH2は「4K」撮影ができない)



GHシリーズは、「フルHD」と「4K」では画角が違うためこんなことが起こっていたのです。

ためしに僕の持っているGH4で「フルHD」にして撮影してみると、なんということでしょう!

ちゃんと使えるではありませんか。

本当にアホだったなぁ〜



3D撮影だと画像が半分になってしまうから、少しでも良い画質で撮れるようにとやっていたことがアダになっていたんですね。

パナのH-FT012、ちょっと見直したので今度からもう少し使ってあげようと思います。



レンコンでした。









今日のねこさん



 クリックお願いします♪

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿


スポンサーリンク