「私たちはあなたの Apple ID アカウントを無効にしました」という件名のメールが来たよ!



レンコンです。



最近は来ていなかったんですが、久しぶりにアップル偽メールが来ました。

久しぶりだったので、ちょっとドッキリしました(^^;

なにせ件名が「私たちはあなたの Apple ID アカウントを無効にしました」だったので、本当の話だったら困りますよね~

でも、現実にはいきなりアカウント無効なんて、そんな話を聞いたことはありませんが……





さてどんな内容かというと

差出人は Apple <mytc@tsite.jp>



本文は、また意味のわからない文章ですね。

「アカウントの活動に大きな変化が見られました.」だって……

しかも「。」じゃなくて「.」です(笑

そして、アカウントが無効になっているのなら、普通はログイン出来ないでしょう!

無効になっているのに、ロック解除は意味がわからん……

なんで請求情報を更新しないといけない??



日本語がムチャクチャですね。

もう少し日本語の勉強が必要です(笑





ついでに今まで来たメールを見返してみたら、他にもたくさん届いていました。

でも、何度も同じメールが来るので、無視するのが習慣になっていて全く気にしていませんでした(汗



差出人は "Apple" <serviice@icloud.com>



まだ、このメールのほうがもっともらしいですね。

しかし、正しいAppleのメールアドレスは「Apple <no_reply@email.apple.com>」です。

そして、件名は「Apple からの領収書です。」です。

通常は購入したことが間違っていない事が前提なので、簡単に全額払い戻しなど出来ません。

「支払後 45 日以内に Apple までご連絡ください。」などの形になっています。

連絡をとった上で、きちんと理由を説明し、Apple側で納得してから初めて返金対応をしてくれます。

それが、間違っていることが当然のように「全額払い戻しを受けてください」なんて……

そうしたらみんな、App Storeでアプリを買って、「この取引は承認していませんよ~」って言って、ジャンジャン払い戻しを受けますよね(笑





最近は、偽Appleメールにツッコミを入れることが習慣になってしまいました。

なので、本当のAppleメールにも突っ込みどころを探してしまっています(笑



でも最近の偽メールは、だんだん巧妙になってきているので、常に注意はしておかないといけませんね。






レンコンでした。



今日のネコさん♪

電車みたい




スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿


スポンサーリンク