2020-05-15T13:48:33Z Snow Renkon 新型スペーシアに買い替えようと思い、新古車と中古車を見に行った話
snow renkon

新型スペーシアに買い替えようと思い、新古車と中古車を見に行った話

スペーシアを見に行った

レンコンです。




今日は、今検討中の新型スペーシアを見るために、千葉から水戸方面まで車屋さん巡りをしてきました。





あらかじめネットで調べておき、一日でなるべく全部まわれるように、朝早く出発!



まずは千葉方面へ向かいます。
成田近辺の店に立ち寄って、色違いのスペーシアカスタムを3台見ました。

まずは目的の「白黒のツートン」。


実車を見た感じでは、最もいい感じのカラーに思えます。


次に「黄黒のツートン」。


黄色はちょっとゴールドっぽくておしゃれですが、しばらく乗っていたら飽きが来そうです。


最後に「青」。


白黒の次にこの青がいいかな〜と思っているのですが、汚れが目立ちやすそうなところが難点ですね。
これもやはりツートンのほうがいいかもしれません。


どのお店でも大体の見積もり金額を口頭で聞きながら、テンポよくお店を巡っていきます。



成田の次は茨城へ戻って、つくばに向いました。





某有名中古車屋さん「大きな車屋」に赤黒のツートンがあったので見に行きます。


実物をみると、この色も結構魅力的!
でも知り合いからは「赤い車は飽きが来るからやめたほうがいいんじゃない?」と言われています。
僕は好きなんだけどなぁ〜。

「大きな車屋」で大体の見積り金額を聞いたところ、表示されている価格に加えて諸費用が30万以上もかかるとのこと。
なぜこんなにかかるのか聞いたところ「購入後に安心して車に乗ってもらうために、専門の整備士がすべてイチから整備し直すため」だそうです。
新車購入時の諸費用よりも高い気がします。
中古車なのに……


僕の認識の中では、

【新車購入時】
登録費用 + 重量税 + 車庫証明 + その他整備費等 = 30万前後

【中古車購入時】
名義変更 + 車庫証明 = 10万以内

このぐらいが普通だと思っていました。
ディーラー系の中古車屋さんは少し高いけど、それでも20万弱って感じだったと記憶しています。

おそらく今は、ネットで中古車の相場価格がすぐに分かるため、車両本体価格に利益が乗せにくいため、諸費用を高くして利益を取るようにしているのでしょう。

にしても30万の諸費用には納得できません……

妙にそこにはこだわってしまいます(笑


そんな事を考えながら次の車屋さんへ向かいます。



次は茨城県央地区のスズキアリーナです。


っと、その途中で見かけたスズキの販売店前の目立つところに、スペーシアカスタム、ギア、ノーマルが展示してあるのを見つけたので、飛び込んでみました。

お店の人に聞くと、展示してあるのはすべて試乗車とのこと。
スペーシアの新古車や中古車は置いておらず、新車のみ販売をしているとのことでした。
残念……
早々に話を切り上げて次へ向かいます。
※この時、このお店の存在が後々の車選びに大きく関係してくるとはつゆ知らず……



なんとか2時過ぎには次のスズキアリーナに到着。

ここにはスペーシアカスタム・ターボのフル装備車が置いてあります。
走行距離も200kmほどしか走っておらず、金額も安め。
一度くらいはターボ車を見ておいたほうが良いと思い、立ち寄ってみました。


この店にはなんと色違いのスペーシアが6台も置いてありました。
うち1台は売約済み、もう1台は点検で預かっているだけの車でしたが、カラー確認にはちょうどよかった♪


ギアの黄黒ツートン


色合いは良いのですが、やっぱりギアのこのデザインには興味がわきません。
僕は昔から4WDとかSUVが好きではないからでしょうね。


ノーマルの茶色

写真で見ると変だと思いましたが、実車ではそれほど悪くないですね。
僕は欲しくはありませんが(笑


ノーマルのシルバー

白と同じでシルバーも飽きが来なくていい色です。
でも、今乗っているエブリィワゴンがシルバーなので、できるのなら違う色がほしいですね。


ノーマル緑黒ツートン


これも個性的で、思ったよりもいい色合いです。


カスタムの紫

渋い感じ。
でも濃い色なら黒のほうが好きかも。。


カスタムターボの白黒


ターボ付きのカスタムは「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」や「パドルシフト」といった特別装備がついているのに、ノンターボと価格が10万円しか違いません。
そんなところは魅力的ですが、ターボ車だからちょっと考えてしまいますね……

ちなみにこのターボ車は、ネットで見て遠方から見に来ている人もいるらしく、すぐに売れてしまう可能性が高いとのことでした。

名刺などをもらい、店を後にして次へ向かいます。

この時点では、僕の中ではノーマルスペーシアよりもスペーシアカスタムのほうが良さそうな気がしていました。




次はこの地域では昔からある、比較的大きなスズキの販売店です。

そのお店には、ノーマル白黒のツートンの新古車が置いてありました。


第一印象は、なんだかすごく良いじゃないですか。
ノーマルは物足りなく感じていたのですが、白黒ツートンで天井に「ルーフバー」がついているため、とてもおしゃれに見えます。

僕の中の興味バロメーターがぐぐっと上がり始めました。


車を見ていると、お店のおじさんが寄ってきて、半年前に展示車として購入したものだと説明してくれました。

スペーシアのカタログも欲しかったので、店内に入り早速この車の見積もりを出してもらいます。

ナビなどのオプション品、エブリィワゴンの下取りも入れて……

1,880,000円。

値引き分のエブリィワゴンの下取りは10万円。
これはスペーシアを買う買わないに関わらず、この金額でエブリィワゴンを買い取ってくれるとのことでした。


この前スズキのwebサイトで出した見積もりが 1,965,625円 だったことを考えると、新古車だからといって、それほど安くなるわけではないのですね。
※web見積もりよりもボディーコートやETC等のオプション、70,000円分が入っていましたが。

ま〜まだ最初の商談なので、ここからもう少し値引きはしてくれるでしょう。
この時点での最有力候補が決まりました。


とりあえず「検討します」と伝えて、見積書、カタログ、名刺をもらい、このお店を後にしました。

店を出た頃にはすっかり暗くなっていました。
これで今日予定していた車屋さん巡りはすべて終了しました。
あとは新古車、中古車で選ぶならこの中から検討することになります。

夕ご飯を途中で食べて、今日一日の結果を家でおさらいすることにしましょう。



夕飯はすき家の牛丼でした(笑




帰宅後……

いろいろ見た中で、ボディーカラーについては「白黒ツートン」が飽きにくく、一番いいような気がしました。



そして次に決めなければいけないのは、「スペーシアカスタム」にするか、「ノーマルスペーシア」にするかです。

カタログを見たり、ネットで調べたりして、比較をしてみたのでひとつひとつ見ていきましょう。


1、外観

スペーシアカスタム

フロントグリルが特徴的で、迫力がありますね。
「トヨタ アルファード」や「日産セレナ ハイウェイスター」にどこか似ていて、カッコイイ。
トヨタ アルファード

日産セレナ ハイウェイスター
しかし、遠目で見るとカッコ良いのですが、近くで見ると軽自動車なのでグリルが目立ちすぎてバランスが悪いような気がします。(これはあくまでもボク個人の感想です)


ノーマルスペーシア


個性的で、何か車じゃない違う生き物のような感じさえします。
カッコイイわけでもなく、カワイイわけでもない……
不思議な感じ。

どちらも乗り出してしまえば、慣れるのでしょうけど。。。



2、内装

スペーシアカスタム
革巻きステアリング、革巻きシフトレバー、レザー調のシートなどが標準装備で豪華です。
メーターパネルにはタコメーターがあり、さらにスポーティー。

ノーマルスペーシア
こちらの内装は至ってシンプル。
ん〜ちょっと寂しそう。



3、燃費

スペーシアカスタム 
JOC08モード 28.2 km/L 

ノーマルスペーシア
JOC08モード 30.0 km/L 

カスタムのほうが若干、燃費が悪いみたいです。


※注意※
実は最近気がついたのですが、どちらも同じ燃費でした(汗


カタログに大きく「30.0 km/L」と書いてあったので、てっきりノーマルは皆同じと思っていました。
よく見ると小さく「HYBRID G 2WD車」と書いてあり、僕がほしい「HYBRID X」はカタログの最後の「主要諸元」にしか記載されていません。
カスタムカタログには、全グレード(4WD以外)の燃費が記載されているのに……
全く酷い話です(怒




4、維持費

装着しているタイヤが違います。

スペーシアカスタム
標準装備のアルミホイールは15インチ(165/55R15) 

ノーマルスペーシア
オプションのアルミホイールは14インチ(155/65R14)


次にタイヤを交換する時が来たら、燃費の良いエコピアにしたいのでブリジストンのページで価格を調べてみました。


スペーシアカスタム用「165/55R15」→ ¥15,950(税込)/一本

ノーマルスペーシア用「165/65R14」→ ¥12,430(税込/一本


その差は一本あたり約3,500円
4本なら14,000円の違いです。

年間20,000km以上走る予定なので、タイヤの交換頻度はかなり高めです。
その都度、14,000円違うとなるとそのコスト差はかなり大きいですね。

「165/55R15」という扁平率55%のタイヤはスポーツタイヤなので、タイヤ屋さんでそれほど安く売っていない可能性もあります。
そうなると更に金額差は広がるかもしれません。

なるべく維持費は安く抑えたいので、このコスト差は見過ごせません。




5、総評

スペーシアカスタムは豪華でカッコイイのですが、僕はすごく気に入っているというわけではありません。

購入の際にかかるトータル費用、そして維持費などを考慮すると「ノーマルスペーシア+白黒ツートン」が自分には合っているようです。

ひとまずその線で検討していこうと思います。






レンコンでした。

今日のネコさん♪





スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿


スポンサーリンク